topimage

2017-05

すみれ色の涙♪ - 2017.03.22 Wed

b1-IMG_2920.jpg

朝からずっとデスクワークだったので、昼食後家の近くを散歩することにしました。
マクロレンズをつけたミラーレスを首にかけ、あてもなくフォト散歩。
取りあえず橋を渡って…。
オオイヌノフグリがいっぱい咲いていたけど、ちっちゃくて面倒なので、ゴメン、スルーです。
次に見つけたのがスミレ。これはがんばってみようかな。
すみれ色…。
「すみれ色の涙~♪」って歌があったよなあ。

b1-IMG_2939.jpg

道に落ちているのは椿の花。
椿の花はバサリと首から落ちるので縁起のよくない花だとかいいますが…。
最近のカメラではこんな低いアングルから撮れるのです。背景に紅梅の赤い色を入れてみました。

b1-IMG_2907.jpg

数日前に飛鳥で河津桜を撮ったのが今シーズン初めての桜の写真。
この桜はサクランボの桜です。
今日咲いたばかりなので、花びらもみずみずしく透明感があります。

北海道から帰ってから体重が増え気味なので、良い運動になりました。

 - 2017.03.17 Fri

b1-IMG_2240.jpg

やはり太陽が顔を出すとそれだけでドラマチックな風景が見られます。
早起きは三文の得。

b-IMG_2423.jpg

太陽の高度が上がってくると、まぶしくて大変だというだけでなく、風景が単調でおもしろみがなくなります。
なにかポイントになるものやアクセントになる影を求めて走り回ります。

b1-IMG_2285.jpg

こんな道も慣れれば爽快です。

 - 2017.03.16 Thu

b1-IMG_1620.jpg

雪で撮影に出られないときのもうひとつのプランとして考えていたのが旭川の「雪の美術館」。
外観はお城の形をしていて、中に入ると、6角形の螺旋階段を下りていく。そこは雪と氷の世界といった趣向です。
孫娘が好きな「アナと雪の女王」の雰囲気がすると話題のようで、外国人の観光客もたくさん来られていました。

b1-IMG_1686.jpg

小さな子どもからおとなまでのドレスが用意されており、「お姫様体験」というのもあるようです。
女性のみなさん、いかがですか。
大きなホールはブライダルで使うようです。きっと夢のような結婚式ができるのでしょうね。

b1-IMG_1662.jpg

たくさんのシャンデリアがきらめき、暖房も効いて暖かく、もう、外に出るのがいやになりました。
あと、雪で撮影が難しいときのプランがいくつかあります。
鉄道や飛行機、旭山動物園を考えていました。

b1-IMG_1638.jpg


赤羽の丘 - 2017.03.15 Wed

b1-IMG_2085.jpg

青空の風景が見られる時間が限られていたので、こんな天候の時は早朝からテンションが上がります。
朝には青空が見えていても、次第に曇っていくというパターンの日が多く、その分計画的に行動する必要があります。

b1-IMG_2094.jpg

こんな細い道ですから他の車と出会うと大変です。
その意味でも人が動き出す前に撮影を終えてしまうくらいの意気ごみが必要です。
やはりこんな天候になると気分がいい。

b1-IMG_2098.jpg

今回の旅ではほんの数回だけの、ほっとするような美しい青空でした。

snowmobile - 2017.03.11 Sat

b1-IMG_4439.jpg

曇り空で見えるもの全てがグレー。
きれいな色彩が見たいなあ、と思いながらウロウロしていると爆音をまき散らしながら雪原を疾走するものが…。
「全日本スノーモービル選手権シリーズ美瑛大会」がおこなわれていました。

b1-IMG_4395.jpg

スノーモービルのレースというのは初めて見たのですが、その迫力に圧倒されました。
もちろん撮影も初めてでしたので、最初はなかなかその速さについていけませんでしたが、気がつけばかなりの枚数を撮っていました。

Ib1-MG_4227.jpg

激しくまき散らす雪とスピードでよくコースを間違わないものだと感心しながら見ていました。
スノーモービルも選手の服装もかなり派手ですが、かっこいい、だけでなくこれくらいにしておかないと見えにくくて安全が確保できないのでしょうね。
冬の北海道でレンタカーを借りるとき白い色の車はだめですよー。

Biei blue - 2017.03.10 Fri

b-a-IMG_1587And2more_fused.jpg

旭川に着いた頃から激しい雪の日が数日続きました。
こんな日のためにいくつかプランを用意してありました。
そのひとつが、美瑛町の「青い池ライトアップ」の撮影です。
数年前からおこなわれているイベントで、冬期の観光客を喜ばせています。
私はあまり関心がなく、できれば何もしない方が良い、と思ってきたので、撮影は今回が初めてでした。

b1-IMG_2773.jpg

11月頃の青い池。立ち枯れのカラマツに雪が積もりきれいです。
そして、次第に池の水は凍り、その上に雪が積もって青い池は単なる白い雪原になってしまいます。
数年前から始まったライトアップは私のようなへそ曲がりのカメラマンをのぞいて、おおむね好評なようです。
「幻想的…」という声もきこえます。

b-IMG_1591And2more_fused.jpg

ライトアップもプログラムされているのか、光の色や方向が次々に変化して飽きることがありません。
遠方から来られた写真グループの皆さんとお話をしながら写真を楽しみました。


タウシュベツ橋梁へ - 2017.03.05 Sun

b1-IMG_1450.jpg

ジュエリーアイスの大津海岸からタウシュベツ橋梁のある糠平湖へ車で移動しました。約110km、緊張する雪道のドライブです。
冬期、タウシュベツ橋梁へは凍結した糠平湖上を約4km歩きます。
湖は全面凍結していますが安全なルートは地元観光協会が地図で表示してありました。

b1-IMG_1476.jpg

この写真右手奧に橋梁はあるはずです。
人の姿はありません。ぐっと不安感が押し寄せてきます。
氷の厚さは50cmくらいあって、私が歩いたくらいで割れることはないのでしょうが…。

b1-IMG_1414.jpg

湖は広いですがダム湖です。そして、冬期は水を減らしているために水位は次第に下がっていきます。
水面が凍結しているのに水が減少していくと…、氷は自らの重みで割れてしまいます。
時折、バーンと爆発するような音が響くのは、どこかで氷が割れている音なのだそうです。なんだかどきどきします。




海からの贈り物 - 2017.03.04 Sat

b1-IMG_1208.jpg

今、漂着したばかりの氷。
太平洋の海水温は十勝川の水温より暖かいので、波にもまれている内に表面が溶け、形が変化して私たちを驚かせているのだろうと思います。

b1--IMG_1270.jpg

自然が作り出したオブジェなのでしょう。


b1-IMG_1222.jpg

一息ついて、カメラバッグのポケットに入れてあったペットボトルのお茶を飲もうとしたら、完全に凍っていて一滴も出てきませんでした。三脚が壊れるアクシデントもありましたが、三年前から温めていたこの撮影が天候にも恵まれてよかった、と満足。



ジュエリーアイス - 2017.03.01 Wed

b1-IMG_1340.jpg

ジュエリーアイスというのはなるほどなあ、というネーミングです。最初にカメラを向け、作品にした地元カメラマンに拍手です。
朝陽を受けて光り輝くわけですから、早朝から海岸に出かけないと撮れません。極寒の北海道、寒風の海岸で夜明けを待つなんて、まあ、普通は考えません。
この氷は流氷の一種で、海岸に流れ着いたものです。

b1-IMG_1191.jpg

オホーツク海側の流氷はアムール川から流れ込んだ水で塩分が薄くなり凍結。それが流れてくるのだそうです。
この撮影場所は太平洋側の豊頃町 大津海岸です。
早朝、海岸に行ってみるとガラスのかけらのような氷がたくさん打ち上げられて、朝陽に輝いています。
これは、近くの海に流れ込む十勝川が上流から運んできた氷だそうです。
国産の流氷ということでしょうか。

b1-IMG_1205.jpg

川の氷なので透明度が高く、時々こんな形のものも打ち上げられています。
お気に入りの氷を見つけると、波が打ち寄せる浜に膝をつかんばかりの姿勢になりながらひたすらシャッターを押し続けます。
長靴を履いていますが、何度かに一度大きな波が来ると、あわてて逃げます。逃げ遅れると悲惨な結果になります。
私は三脚が動かなくなり、力を入れて動かそうとするとハンドルが折れてしまいました。

雪の旭川 - 2017.02.24 Fri



今日、旭川は凄い雪と風でした。前々から気になっていた雪の美術館に行くことにしました。



続いて旭川空港に向かいました。空港で目に付いたポスターです。
よく見るとこのポスターは旭川空港の宣伝するためのものです。雪の中、飛行機周辺で働く人たちを見ていると感動ものでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1775)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR