topimage

2017-04

タウシュベツ橋梁へ - 2017.03.05 Sun

b1-IMG_1450.jpg

ジュエリーアイスの大津海岸からタウシュベツ橋梁のある糠平湖へ車で移動しました。約110km、緊張する雪道のドライブです。
冬期、タウシュベツ橋梁へは凍結した糠平湖上を約4km歩きます。
湖は全面凍結していますが安全なルートは地元観光協会が地図で表示してありました。

b1-IMG_1476.jpg

この写真右手奧に橋梁はあるはずです。
人の姿はありません。ぐっと不安感が押し寄せてきます。
氷の厚さは50cmくらいあって、私が歩いたくらいで割れることはないのでしょうが…。

b1-IMG_1414.jpg

湖は広いですがダム湖です。そして、冬期は水を減らしているために水位は次第に下がっていきます。
水面が凍結しているのに水が減少していくと…、氷は自らの重みで割れてしまいます。
時折、バーンと爆発するような音が響くのは、どこかで氷が割れている音なのだそうです。なんだかどきどきします。




海からの贈り物 - 2017.03.04 Sat

b1-IMG_1208.jpg

今、漂着したばかりの氷。
太平洋の海水温は十勝川の水温より暖かいので、波にもまれている内に表面が溶け、形が変化して私たちを驚かせているのだろうと思います。

b1--IMG_1270.jpg

自然が作り出したオブジェなのでしょう。


b1-IMG_1222.jpg

一息ついて、カメラバッグのポケットに入れてあったペットボトルのお茶を飲もうとしたら、完全に凍っていて一滴も出てきませんでした。三脚が壊れるアクシデントもありましたが、三年前から温めていたこの撮影が天候にも恵まれてよかった、と満足。



ジュエリーアイス - 2017.03.01 Wed

b1-IMG_1340.jpg

ジュエリーアイスというのはなるほどなあ、というネーミングです。最初にカメラを向け、作品にした地元カメラマンに拍手です。
朝陽を受けて光り輝くわけですから、早朝から海岸に出かけないと撮れません。極寒の北海道、寒風の海岸で夜明けを待つなんて、まあ、普通は考えません。
この氷は流氷の一種で、海岸に流れ着いたものです。

b1-IMG_1191.jpg

オホーツク海側の流氷はアムール川から流れ込んだ水で塩分が薄くなり凍結。それが流れてくるのだそうです。
この撮影場所は太平洋側の豊頃町 大津海岸です。
早朝、海岸に行ってみるとガラスのかけらのような氷がたくさん打ち上げられて、朝陽に輝いています。
これは、近くの海に流れ込む十勝川が上流から運んできた氷だそうです。
国産の流氷ということでしょうか。

b1-IMG_1205.jpg

川の氷なので透明度が高く、時々こんな形のものも打ち上げられています。
お気に入りの氷を見つけると、波が打ち寄せる浜に膝をつかんばかりの姿勢になりながらひたすらシャッターを押し続けます。
長靴を履いていますが、何度かに一度大きな波が来ると、あわてて逃げます。逃げ遅れると悲惨な結果になります。
私は三脚が動かなくなり、力を入れて動かそうとするとハンドルが折れてしまいました。

雪の旭川 - 2017.02.24 Fri



今日、旭川は凄い雪と風でした。前々から気になっていた雪の美術館に行くことにしました。



続いて旭川空港に向かいました。空港で目に付いたポスターです。
よく見るとこのポスターは旭川空港の宣伝するためのものです。雪の中、飛行機周辺で働く人たちを見ていると感動ものでした。

美瑛に到着 - 2017.02.23 Thu


昨日は帯広から新得、南富良野、富良野を経由して、美瑛に到着。美瑛駅にはどういうわけか雪だるまがいっぱいでした。


幕別町から - 2017.02.22 Wed


昨日雪の降る千歳空港に到着し、ジュエリーアイスで有名な豊頃町へ向かいました。その足でロケハン。

今日は午前4時に宿を出発。海岸には4時半ごろに到着しました。冬の海岸の寒さは半端ではありません。ペットボトルのお茶は凍るし、三脚まで使えなくなっていました。その後、糠平湖へ移動しタウシュベツ橋梁の撮影に向かいました。

撮りたい風景 - 2017.02.20 Mon

b2-IMG_2161.jpg

明日は午前5時に起きて、6時には関空へ出発する予定です。
これからしばらくはブログの更新もスマホからということになります。
またときどき覗いてみてくださいね。


撮りたい風景 - 2017.02.19 Sun

b2-IMG_4942.jpg

北海道の冬山を登ることはできませんが、良い天気なら十勝岳温泉から上ホロカメットク山への登山道をスノーシューをつけて歩いてみようと思います。

b1-IMG_3833And2more.jpg

糠平湖とタウシュベツ橋梁です。
凍結した湖と橋梁がどんな風景を見せてくれるでしょうか。
氷の上をスノーシューをつけて歩くというのも初体験です。

b2-IMG_7318.jpg

青池は冬期は湖面が凍結し、その上に雪が積もっている状況です。数年前から冬の観光客を呼び込もうと夜間ライトアップされています。あまり気が進まなかったのですが、幻想的な風景になるようで、写真もよく見かけるようになりました。
今回は行ってみようと思っています。

あとは天候次第でしょうか。

格安の旅 - 2017.02.17 Fri

b1-IMG_0490.jpg

長期滞在の旅になるので、毎度のことながら格安で行けるように知恵をしぼっています。
そのひとつが飛行機です。今回は往復peachを利用します。関空~新千歳をキャンペーン価格3490円でゲット。受託手荷物などオプションもつけて、往復12230円也。レンタカー 1週間借りて、13300円。これで交通手段は確保。
極寒の北海道で車中泊はしたくないので、ホテルを2日分だけ予約。あとは現地調達します。
1泊は3400円 もうひとつが3000円(いずれも税、サービス料込み)
それにしても関空での駐車料金は痛い。それでも1週間で5000円也。これをケチろうと思って、妻に送迎を頼んだけれど早朝家を出発しなければならず、それを理由に体よく断られました。

b1-IMG_0505_201702172149047db.jpg

空港ターミナルが体育館のようであっても、セルフでチェックインするのも大丈夫。フライトもわずか1時間半、どんなに窮屈でもノープロブレム。レンタカーも四駆であれば中古車であってもOK。ホテルはどうせ夜にチェックインして、午前3時や4時にチェックアウトします。その間にカメラ、スマホ、タブレットなどの充電をすませ、ネットで情報を検索し翌日の予定を立てて、ホテルの予約。あとは風呂に入って、数時間寝るだけなのです。




雪 梅 そして北海道へ。 - 2017.02.16 Thu

b1-IMG_1015_20170216170545e54.jpg

先日行った日本海側の町。
家に帰っても寒いのは寒いのですが道端の紅梅はすでに咲き始めました。
今、21日から冬の北海道へ行くための準備を進めています。
飛行機の予約はすでに終わっていますが、引き続きレンタカー、ホテルなども旅のプランと同時進行でできてきた感じです。

b1-IMG_9049.jpg

今回の旅でぜひ撮ってみたいのは「ジュエリーアイス」、そして、前回も行った「タウシュベツ橋梁」です。そのために機材なども用意します。特に、タウシュベツは糠平湖の氷上を4kmあまりトレッキングしなければなりません。スノーシューとストックも持参します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1769)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR