topimage

2017-10

親子の木とマジックアワー - 2009.12.25 Fri

 丘の上に立つ3本の木は、「親子の木」と名づけられています。
 小さな子どもを間に挟んで立つ父と母、そんなイメージなのでしょう。
 近くに寄ってしまうとなんてことはない木なのですが、この位置から見ると夏の青空にもとても似合うし、この時期になるとちょうど真後ろに太陽が沈みます。



b-a-IMG_3146.jpg


 この日は、旭川から来た二人の青年とならんで三脚を立てました。
 仕事を終えてから慌ただしくやってきた彼らは三脚を立てるのももどかしく太陽が木の後ろに沈む瞬間をねらって撮っていました。
 太陽の姿が消えると、また慌ただしく三脚をしまいながら私に、
 「まだ、帰らないのですか。」
 というので、
 「これからがマジックアワーですよ」
 と答えました。
 太陽が沈んでからしばらくの間が、一日の中で一番輝いている、もっとも美しい時間なのですよ、
 と三谷幸喜の映画「マジックアワー」の話をしました。


b-a-IMG_3155.jpg

 おじさんの何か意味ありげな話を素直に受け取った青年達は星が出るまでつきあってくれました。
 そして、寒さに震える北海道の若者は、
 「何年たっても寒さには慣れません。」
 と笑い、
 「じゃあ、帰ります。」
 さわやかな空気を残して去っていきました。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/740-efc2f8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます。 «  | BLOG TOP |  » 葛城古道雪景色

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1793)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR