topimage

2017-10

北の国から 朝の輝き - 2009.11.28 Sat

 北海道美瑛には、数多くのカメラマンが撮影し、いつの間にか名前がつけられた場所がたくさんあります。
 この家も「赤い屋根の家」と呼ばれています。観光地ではありませんが、通りがかると、一人や二人はカメラを向けています。
 その周囲に植えられる作物が、今年は麦であったり、ビートであったり、菜の花が植わっていたりと変化しますから、必ず立ち寄ってみたくなります。
 旅の終わりに千歳空港で見た大きな北海道のポスターはやはりこの家でした。

 
b-IMG_2971.jpg

 この落葉林は、夕日の写真を撮る人が多いのですが、私は逆方向から朝の風景を撮ることが多いのです。
 刻一刻と変化してゆくこの風景を眺めていると、どこに人がいるのだろうかと、自分だけしかいないのではないかと、そんな錯覚をしてしまいそうです。



b-IMG_2975.jpg

 冬期通行止めの農道ですから、もうしばらくすると車では入れません。
 3月の撮影は、スノーシュー(かんじき)を着け、この緑色の小屋を目指してワッセワッセと青息吐息で登ってくるのです。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/726-392186c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北の国から オリオン座とクリスマスツリー «  | BLOG TOP |  » 北の国から 冬を越す春麦

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1793)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR