topimage

2017-08

北の国から -2009 彩りの丘 - 2009.07.24 Fri

 美瑛の丘の美しさを世に広めた前田真三氏が、初めてこの風景に出会ったのは1971年だと、その写真集に記されています。
 10年ほど前、私はカメラ雑誌の賞品か何かで、額入りの、たぶん「麦秋鮮烈」と名付けられた氏の写真を手にしたことが、美瑛に行くきっかけとなりました。



b-a-IMG_8468.jpg

 色づいて黄色くなった麦、刈り取られたばかりの牧草、白や薄紫の花が咲くジャガイモ、キガラシの菜の花、緑の美しいビート、少し大きくなった飼料用のトウモロコシなどが同じ場所でも連作障害を防ぐために毎年違う作物が植えられます。
 しかも、季節によって緑肥として植えられるキガラシやヒマワリが咲いていたり、防風林のカラマツが真っ黄色に黄葉したりします。
 自然と人の労働が造り出すデザインは人を飽きさせることがありません。

 360度の風景からどこをどう切り取って、どう表現するか、写真家の感性と表現力が問われます。
 移住、長期間滞在、リピーターで写真を撮り続ける人が多いのはこんな理由からではないのかと、丘を眺めながら考えていました。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/674-6d0b43bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北の国から -2009 麦畑 «  | BLOG TOP |  » 北の国から -2009 花咲く丘

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1791)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR