topimage

2017-04

タウシュベツ橋梁へ - 2017.03.05 Sun

b1-IMG_1450.jpg

ジュエリーアイスの大津海岸からタウシュベツ橋梁のある糠平湖へ車で移動しました。約110km、緊張する雪道のドライブです。
冬期、タウシュベツ橋梁へは凍結した糠平湖上を約4km歩きます。
湖は全面凍結していますが安全なルートは地元観光協会が地図で表示してありました。

b1-IMG_1476.jpg

この写真右手奧に橋梁はあるはずです。
人の姿はありません。ぐっと不安感が押し寄せてきます。
氷の厚さは50cmくらいあって、私が歩いたくらいで割れることはないのでしょうが…。

b1-IMG_1414.jpg

湖は広いですがダム湖です。そして、冬期は水を減らしているために水位は次第に下がっていきます。
水面が凍結しているのに水が減少していくと…、氷は自らの重みで割れてしまいます。
時折、バーンと爆発するような音が響くのは、どこかで氷が割れている音なのだそうです。なんだかどきどきします。




● COMMENT ●

氷の上を4キロも歩いて!
良く行かれましたね。
そして、目的の画が撮れて良かったですね。

Re: タイトルなし

誰もいない氷の上を歩いたんです。
凍っているとはいえ、湖の上ですから心細かったのですが、せっかく来たのにあきらめるわけにはいきません。
天候も次第に曇ってきたのでたいした写真は撮れなかったのですが歩いて行ってきた、という達成感はあります。

magureさん、
タエシュベツ橋梁、健在でしたね。

氷上ツアーも実現したのですね。このあとツアーは終わったみたいです。
最近たくさんの方が行かれて写真におさめているみたいです。
一昨年行ったとき、旅館のご主人が「もう崩れるのは時間の問題」
と言ってましたが・・・

自然の摂理は素晴らしいですね。
朽ち果てていく最後も大切なのでしょうね。

Re: タイトルなし

タウシュベツは冬でも人気があるようです。
こういった風景に何か心が惹かれるのでしょうか。
よく見ると確かに崩れた石やコンクリートの破片が氷の上にぱらぱらと落ちているので間違いなく風化は進んでいるのだろうと思います。
どちらかというと、水に浸かっている姿の方が良いように思います。
また、機会があれば行ってみようと思います。


> magureさん、
> タエシュベツ橋梁、健在でしたね。
>
> 氷上ツアーも実現したのですね。このあとツアーは終わったみたいです。
> 最近たくさんの方が行かれて写真におさめているみたいです。
> 一昨年行ったとき、旅館のご主人が「もう崩れるのは時間の問題」
> と言ってましたが・・・
>
> 自然の摂理は素晴らしいですね。
> 朽ち果てていく最後も大切なのでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1765-cedea093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Biei blue «  | BLOG TOP |  » 海からの贈り物

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1769)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR