topimage

2017-06

さらにタウシュベツ - 2016.06.11 Sat

b1-IMG_3841And2more_fused.jpg

旧国鉄士別線は東大雪の森林地帯から木材を搬出するためにつくられたものだそうです。
後に、ダムができたため路線を変更。そのときに放置されたのがタウシュベツ橋梁といわれるアーチ橋です。
水没と乾燥、冬の厳しい風雪にさらされ年々朽ちて、今では古代の遺跡かと見間違うような状態になっています。
最近に壊れたような形跡も見られ、今度水没し、秋に再び姿を現したときどうなっているのか関心があります。

b1-IMG_3863.jpg

タウシュベツ川の美しい水がダム湖に流れ込んでいます。
水位がどんどん上がっているせいか、大きな魚が何匹も湖岸の浅いところを泳いでいます。
ゆうに50㎝は越えています。上から見ると頭の方が黒くなっています。何という魚でしょうか。鮭?鱒?
私の友人の釣り師達なら垂涎の状態なのでしょうが…。
静かな湖面に写る風景を撮りたいので、魚の立てる波紋がなくなるのをじっと待ちます。
しばらくあっちへ行っててね。

b1-IMG_3925And2.jpg

干上がった湖底はこんな風景です。
何か別世界みたいですね。
木の株が水没し、干上がり、雪に埋もれ、また水没しという繰り返しでできた風景です。
何十年経ってもまだ地面にしがみついているようで、ちょっと感動。
こんなのを撮ってると、どんどん時間が過ぎていきます。
物音にはっとして振り向くと人が5人ほど立っていて、興味深げに私を見ています。
人間で良かった!
ヒグマなら終わってますよね。


● COMMENT ●

magureさん、こんにちは。
タウシュベツ橋梁の写真素晴らしいですね。
朽ちていく物の風景が伝わってきます。

私はずっと遠くからみたのですが・・
それでもこれらの風景に固まってしまいました。

旅館のご主人も「もういつ崩れても不思議はない」とおっしゃってました。
それから、この橋の工事には多くの工夫さんがかかわり、ケガをして亡くなったので、ここら辺は不思議な雰囲気が漂っていると、長男は言います。(>_<)

あとひぐま出没看板もたくさんありました。ご無事で何よりでしたね。
私は帰ってから突然39゜の熱が出ました。( 余談です^^)

こんにちは。
タウシュベツ橋梁、あの林道を歩かれたのですね!!
僕も昔まだ林道が自由に通れる頃に一度訪れたことがあるのですが
もう一度歩くか?と言われるとその勇気はありません^^;
消えゆく歴史遺産、貴重な光景をありがとうございます。

Re: タイトルなし

Yokoの森さん、こんばんは。
体調はもう良くなりましたか。熱が出るとしんどいですよね。

タウシュベツは、今回下調べも準備もきちんとしていきましたのでうまく撮れたと思います。
いろいろ役所でお聞きしたので、次回は朝夕の写真を撮りたいと思っています。
でも、秋田のクマ騒動をきくと、さすがの私も怖くなります。
朝夕は一番危険だそうですし…。

アーチ橋

アーチ橋・・・
何かどこかの外国か?と思ってしまいました・・・。

スゴイきれいですね・・

Re: タイトルなし

サトちゃん@ さん、こんばんは。
ご無沙汰です。
タウシュベツ橋梁へは以前に一度ゲート前に車をおいて、自転車を利用して行ったことがあります。
カメラでずっしり重いバッグを背負い、クマよけの鈴をつけて必死で行きました。
ついたらすでに水没していて、下調べも充分にしないでやってきた自分のいい加減さにあきれたものです。
今回はそのリベンジでもありました。
ついでに、役所の方にいろいろ話を聞きました。夕方でも早朝でも夜でも「おすすめはしないけど、自己責任です。」
でも、秋田のクマのニュースを聞くとちょっとひとりでは心細いです。

Re: アーチ橋

銭右衛門 さん、こんばんは。
そうですね。どこか外国の遺跡のような感じです
写真としてはおもしろい題材です。
新緑、紅葉、雪、時間帯で言えば、夜明け、日没、夜の星なんかがイメージできます。
でも、ブログでも書いているように、人はいないし、クマはいるし…。
ひとりで懐中電灯をつけて三脚を立てているのを想像すると、ちょっと心細い。

>大きな魚が何匹も湖岸の浅いところを泳いでいます
ということは、それを狙って熊もくるでしょうと大心配してしまいました
何事もなくて良かったです。
干上がった湖底の雰囲気はまるで別の惑星のようですね。
こちらも又美しいです!

Re: タイトルなし

aunt carrot さん、こんにちは。
そういえば、映像でよく見ますね。クマが大きな魚を捕まえているような…。
ぜんぜんそんなこと思いつきませんでした。
そうですよね。あの魚を捕まえたりしているんですよね。
クマよけの鈴をつけてるんですが効果あるのでしょうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1629-7ef3e311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キタキツネのお散歩 «  | BLOG TOP |  » タウシュベツへの道

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1781)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR