topimage

2017-06

「哲学の木」を悼む。2 - 2016.02.26 Fri

b2--IMG_2880.jpg
夜明け前

私ごとで恐縮です。
美瑛へ行くようになってかれこれ15年。前田真三さんの写真館「拓真館」のすぐ近くにある写真スポットですので、多分一番最初に撮ったのがこの、哲学の木だったように記憶しています。
まだフィルムカメラでした。
それから、毎年、年に数回は美瑛に行きます。その間、友人もできたし、町にもなじんでいます。

b2-IMG_4207.jpg
夕暮れ

でも、最近美瑛で写真を撮るとき、何だか自分の中で重苦しい気持ちになることがよくあります。
いたるところで目にする農道の通行禁止の看板、農地への進入禁止の看板など。
そして、驚くほどたくさんの天真爛漫な観光客。みんなカメラを持っています。細い農道で出会う車はレンタカーだらけです。
「私も、その『招かざる客』のひとりなのだろうか。?」
と思ってしまいます。
b-IMG_9704-2.jpg


JALのCMで使われた「五本の木」(上富良野町)が同様の話題になったのも少し前のことです。
一部のカメラマンが被写体として撮っていた木ですが、CMではアイドルグループ嵐が出演していたので「嵐の木」とも呼ばれ
「観光地」に一変してしまったのです。
ネットで見ても「最近できた観光スポットです」と紹介されています。
ここでも畑に入る人が続出。パトカーが呼ばれたり、JALが謝罪に来たりと話題になりました。

b2--IMG_8851.jpg


美瑛町の観光というのは少し他の観光地と違うところがあります。
作家三浦綾子さんは「泥流地帯」の取材で訪れ、その時のことを「深山峠から見る風景にしばらく立ちつくした」と記されています。
そして、その風景を「波打つ大地」と表現されました。
写真家前田真三さんは初めて美瑛の風景を見たときのことを
「丘陵地帯の風景を目の当たりにして、大きな衝撃を受けた。」「この地を舞台に新しい風景写真が撮れるのではないか、という期待もあった。」と写真集で記されています。

単に、自然の美しさではなく、農地が織りなす美しさ。波打つ大地に植えられた作物のどこまでも続く畝の美しさ。
前田真三さんの写真を見ると、大地と格闘する人間の作り出した「美」を撮り続けていたように思います。
その後、何人もの写真家が移住し、ライフワークとして丘を撮り続け、その作品が様々な形で発表されていきました。
テレビのCMでも撮られ、そのたびに「観光スポット」となっていったのです。
「青い池」も元は一部のカメラマンの間で知られていて、場所もなかなかわかりませんでしたが、今や美瑛最大の「観光スポット」となっています。

農地や農作物の風景、畑の中に立つ木を「観光スポット」と思ってやってくる人達がどんどん増えていくと、このような問題がおこることは早くから予想できたことかもしれません。
「哲学の木」のポスターやパンフレットで人を集め、観光インフラ(そんな言葉があるのかわかりませんが)の整備に手を抜いていた結果ではないかと思います。
「哲学の木」周辺は、15年前と何も変わっていません。レンタカーやレンタサイクルがどんどん増えているのに、駐車スペースも立ち入り禁止の柵も、展望できる場所も何もなく、工夫の跡が見られません。
「哲学の木」の処分は、農家の方が、ひとりで孤独な闘いを続けてきた結果なのだろうと思います。
単に、マナーの問題として片付けてはいけないのではないでしょうか。
このままでは、「クリスマスツリーの木」、「親子の木」など「観光スポット」はつぎつぎと消滅していくかもしれません。


● COMMENT ●

こんにちは。
最悪の結末になってしまいましたね。今回の件は単にカメラマンだけの
問題ではなく、自治体のあり方にも大きな波紋を投げかけたと思います。
急激に増加した外国人観光客のマナーの悪さも酷いですが、立派なカメラを
持った年配のカメラマンの方も身勝手な方が多いのも事実ですしね。
カメラマンとしての前に、一人の人間として恥じてほしいものです。

magure21さんは2月に来られなったとのこと、季節を変えまたぜひ
美瑛へお越しください。
これからも素晴らしいお写真が拝見できるのを楽しみにしています。

こんばんは^^
今回の件は、いろいろと考えさせられます。
観光客のマナーの問題も大きいのですが、
美瑛町が、基幹産業のはずの農業を置き去りにして、
農家さんの厚意に甘え、言葉は悪いですが、
無責任に観光に力を入れ過ぎたツケが回ったような気がします。
これから美瑛町としての行政力が試される時だと思います。

私もmagureさんには、また美瑛にお越し頂き、
素晴らしいお写真を発信して頂きたいです。

Re: タイトルなし

サトちゃん@ さん、こんにちは。
お返事が遅れてしまいました。
観光でたくさんの人を集め、地域を発展させる…、町が豊かになる、と考えると、様々なリスクが伴うということは覚悟する必要がありますね。
それが、一部の農家の方にふりかかることがあってはならないと思います。

高齢者のマナーも悪いですね。自分も高齢なので、余計に腹が立ちます。

またよろしくお願いします。


Re: タイトルなし

rui さん、こんばんは。いつもありがとうございます。
北海道、天気が大荒れなようですが、いかがでしょうか。
観光客ヶ増えれば、比例して問題も増えるということですよね。
難しい問題です。

今年は雪のある間には北海道へは行けないかもしれません。
桜の咲く頃を目指します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1563-f9befa68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「哲学の木」を悼む。3 «  | BLOG TOP |  » 「哲学の木」を悼む。

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1781)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR