topimage

2017-06

北の国へ 2015秋(4) - 2015.11.04 Wed

風車のある風景
b-IMG_6523.jpg
■オトンルイ風力発電所の風車

次の目的は利尻富士をカメラに納めることです。朱鞠内湖から日本海側の町 苫前町に出て、海岸に沿って更に北上。
そして、夕陽が利尻山の頂上に隠れる、いわゆる「ダイヤモンド富士」ならぬ「ダイヤモンド利尻富士」を狙うのが目的でした。
途中で温泉に入ったり、のんびり昼食を食べたりしていたおかげで、オンルトイ風力発電所まで来たときにはすでに陽が傾いていました。この風車の列は2キロメートルも続いています。夕方の暖かい光が美しい。
この風景も捨ててはおけません。

b-IMG_2816.jpg
■苫前町にある風力発電所

日本海から吹き付ける風で風車はどれも勢いよくぶるんぶるんと回っています。
いかにも発電してるなあ、という力強さです。
まだまだいくらでも作れそうですが、送電網が整備されていないため電気を送れないのだとか…。

b-IMG_6503.jpg
■苫前町 夫婦愛の鐘

おもしろいモニュメントがありました。
表示にはこうあります。
「夫婦愛の鐘
日本海の夫婦島天売、焼尻を望むこの愛の鐘を打ち鳴らすと家庭円満子孫繁栄の御利益あり。」

途中どこにも案内板や標識もなくネット情報とGoogleマップのストリートビユーを頼りにたどり着いた場所です。
手すりも痛み、もうすぐ草に覆われてしまいそうです。変な鐘です。
こんな寂れたところで、愛の鐘を打ちならすの…?

私がこの鐘を訪れたのは、「家庭円満子孫繁栄」の願いを込めて鐘を鳴らすためではありません。
この小高い丘は風力発電所と日本海の荒波を撮ることができる場所だと知ったからなのです。(2枚目の写真)


● COMMENT ●

おはようございます!
遅くなりましたが、お帰りなさい!
どれも素敵な写真、充実した北海道の撮影旅行となりましたね。
私は紅葉を見に行く機会を逃し、今年もガ~~ン。
こちらはほとんど落葉です。
そちらはこれからですね。
来週、父母が法事で北海道の北見へ車で行くとか。
歳なので不安なのですが、米や父お手製の干し柿をたくさん積んで向かうそうです。
北海道には柿の木がないのでかなり喜ばれるとかで、毎年気の遠くなるような柿の皮むきをし、干し柿作りに精を出す父。
出発前に「あまりスピード出さないように!」と、釘を刺しておかなくては・・・(笑)
私もついていきたいなあ・・・。

Re: タイトルなし

man♪さん、こんにちは。
秋田はもう紅葉が終わったのですか。
やはりこちらとはかなりずれがありますね。
奈良の方は、まだ紅葉は始まったばかりで例年平地では11月下旬頃が一番きれいなのかな。

ご両親は北海道へ行かれるのですね。
秋田からフェリーですか。ご両親、きっといそいそと出かけられるのでしょうね。
man♪さん、運転手をかってでればいいのに。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1489-0e57c481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北の国へ 2015秋(5) «  | BLOG TOP |  » 北の国へ 2015秋

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1781)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR