topimage

2017-10

猿の惑星 - 2015.06.19 Fri

b-IMG_1314.jpg
もう居眠りをしそうだけど、赤ちゃんは大丈夫?苦しそうだよ。

途中で小雨が降ってきたりしていました。
周囲には人間は私ひとり。離れたところで、外国人の研究者がサルを観察しています。
私がカメラを構えて、近づいてもサルたちは知らんふりをしています。
時々こちらを見て、「何かご用?」というような顔をします。

b-IMG_3374.jpg

数十匹の群れの中にしゃがんで、彼らの様子を眺めているとサルたちの仕草や表情が私たちと変わらないことに驚かされます。
赤ちゃんをだっこしているサルにレンズを近づけると、子どもはぐんと顔を近づけてレンズをのぞき込み、手でさわろうとします。
すると母親はぐっと抱きしめ、くるっと背を向けます。

時間とともに、次第にサルの世界に引きこまれていくのがわかります。

● COMMENT ●

そろそろですか?

 大沼にいらっしゃるとか
 オススメは、森町あたりから海岸を通って
 函館に入る海岸線が、なかなか良いかもしれません。

こんにちは!
今日も暑い秋田です。まとまった雨が降らず、水不足になりそうな地域も出てきたようです。

母猿の小猿への愛情が伝わってくる写真ですね。
とてもホッとします。
猿の近くに行けるのですか?目を合わせちゃダメと聞いたことがありますが、ここのお猿さんたちは大丈夫なんですね。

Re: タイトルなし

いつもありがとうございます。
あと一週間あまりになってきたので、計画も進めないと行けません。
地図で確認しました。森町から海沿いを回って函館へ行くコースですね。
一旦、大沼まで行き、鹿部町に出て海岸線を回る感じですか。
函館~岩内までの西海岸は未知のゾーンなのでまたいろいろ教えて下さい。

Re: タイトルなし

man♪さん、おはようございます。
秋田の方は雨が少ないようですが、こちらは毎日しょぼしょぼと梅雨らしい雨が降ったり止んだりしています。

サルの表情や仕草が人間とまるでいっしょなのでおもしろいです。
ここのサルは、のんびりしていて凶暴さはまるで感じません。一応野生のサルなんですが…。
「おサルさんを睨んではだめ」という注意書きはありましたが、カメラをぐっと近づけても知らんふりしていましたよ。

magureさん、こんにちは。
淡路島に行かれたのですね。なんか表情がとても人間とにてますね。
それにおとなしそうで・・

そう言えば、
函館の湯ノ川温泉に熱帯植物園があり、そこにお猿さんがいるんですよね。湯ノ川温泉のお湯をひいて、お風呂のようになっていて、
とても楽しいです。

もうすぐ北海道ですね~
あ、函館岩内間は途中八雲から山に入ってずっと行き、
雷電と言うところに出ると、海が開けて・・・
岩内まで絶景かと思います。

寿都方面に刀掛岩という岩が見え、ここの海岸線はとても男性的な感じだったと思いますただ旧道が閉鎖されたりして、海岸ぎりぎりは走れないのかも。
岩内には木田金治郎の美術館があり、おすすめです。
あとお寿司も美味しいですよ。。

Re: タイトルなし

YOKOの森さん、おはようございます。
いろいろ情報をいただきありがとうございます。
大沼公園から外回りで函館に行き、そこからも基本的には岩内までずっと海岸線を行こうと思っています。
今まで行ったことのないルートなので楽しみにしています。
岩内から神威岬方面を回るか,直接小樽にぬけるかはその時の気分次第です。
岩内までの海岸線は西向きなので,ぜひ夕陽をかっこよく撮ってみたいと楽しみにしています。

それから石狩市では石狩川河口へ一度は行ってみたいと思っています。
はまなすの丘公園というのもあるようですので立ち寄ろうと思うのですが…、いかがでしょうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1390-a51b7b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サルに癒やされて…。 «  | BLOG TOP |  » 淡路島から

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1793)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR