topimage

2017-08

北の国へ 2014夏 3 - 2014.07.19 Sat

b-IMG_4822.jpg

夜が明けるとこの岩の近くまで漁師さんがやってきて、漁を始めました。

b-IMG_4612.jpg

続いて、ローソク岩、セタカムイ岩と撮影していきました。

1996年2月10日午前8時10分頃、古平町側の坑口付近において岩盤(最大高さ70m・最大幅50m・最大厚さ13m・体積11,000m3・重さ27,000tと推計)が崩落。トンネル内を走行中だった北海道中央バスの積丹町余別発小樽駅前行き路線バス(乗客18名、運転手1名)と、後続の乗用車(1名乗車)の2台が直撃を受け、20名全員が死亡した。
トンネル内の事故現場は多数の瓦礫に塞がれ、内部に閉じ込められた車の様子が確認出来ず、さらに、巨大なまま上部に残留している岩盤を除去しない限りは再崩落の危険があり、内部に入ることができなかったため、岩盤を発破により海側へ滑らせて除去することとした。しかし、内部にいる人が生存している可能性も考慮し、岩盤除去に使用する爆薬の量が制限されたため、岩盤除去作業は難航した[1]。11日より14日にかけて、4回にわたる発破作業の末ようやく岩盤を除去することができた[2]。岩盤除去後に瓦礫は取り除かれたが、乗用車は原形をとどめておらず、また、バスは3mあった高さが1mにまで押し潰された有様であり、死因は全員とも圧死で、ほぼ即死状態であったと考えられる。(wikipediaより)

ここがその現場だったというのは、来る前の下調べの段階で知りました。山ほどある大きな岩がトンネルを押しつぶしているテレビの映像は記憶にあります。
ハマナスがきれいに咲いていました。

b-IMG_4615.jpg

この看板、とてもわかりやすいのでパシャリ!カメラマークまで入っていますね。
私は今回、地図右端の小樽市から左に移動し、「道の駅スペースアップルよいち」で泊。「現在地点」から積丹岬まで行ったことになります。
余市は、ニッカウヰスキーの町でもありますが、フルーツの町でもあります。
ちょうど、サクランボの季節でしたのでとりあえず家に発送してごきげんをうかがっておきました。

● COMMENT ●

こんばんは!
今日は午後からすごい雨となりまして、窓を開けっ放しにしておいたらすごいことになってました・・・。

すごい岩ですね。よくこの状態を維持しているなあと思います。
トンネル崩壊事故、記憶にあります。
それ以来、トンネルを通るのが怖くなり、通る時は心臓バックンバックンです。

看板を見ると楽しそうな所がたくさんありますね。
さくらんぼでご機嫌伺い・・・・(笑)お留守番の奥様も喜ばれたのでは?

Re: タイトルなし

man♪さん、おはようございます。
秋田の方は大雨だったのですね。ニュースでもやってました。
さくらんぼにつづいて富良野メロンも送っておきました。
これも、ご機嫌伺いと、次回の旅への布石です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1143-a25d47a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北の国へ 2014夏 4 «  | BLOG TOP |  » 北の国へ 2014夏 2

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1791)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR