topimage

2017-10

九州の旅 6 - 2014.05.30 Fri

b-IMG_6426_filtered.jpg

焼き物で有名な伊万里から佐賀県玄海町へ移動。
前日の反省を元に、日没2時間以上前に到着。それでも、すでに先着のカメラマンが2名おられました。
玄界灘を望むV字の谷に、小さな田がたくさんならんでいます。すでにどの田も田植えは終わっており、稲も少し大きくなってきているように思いました。
そして、その谷のちょうど先の玄界灘に陽が沈むというわけです。
どんどん陽が傾くにつれ、次第に色が微妙に変化をしていきました。太陽はこの後すぐに、下の霞の中に消えてしまい、水平線に太陽が沈む場面は見ることはできませんでした。
空の色の変化と共に、水田の水の色もみるみるうちに変化をしていきます。
久しぶりに自分の鼓動の高まりを実感しながらシャッターを押し続けました。

● COMMENT ●

棚田

素晴らしいですねえ、米どころの人間が言うのもなんですが、
お米が、美味しいからって風景がいいとは限らない。
新潟の有名な棚田もありますが、こちらの方が「な~んかいいなあ。」です^^

こんにちは

感動しました。
棚田の夕景は美しいですね。
刻々と色を変える空と水田を想像しました。
美しすぎて涙が滲みましたよ。

Re: 棚田

犬山にゃん太郎さん、こんばんは。
いつもブログは意見していますが、コメントも残さず申し訳ありません。
棚田は日本人の原風景のように思います。
地元の人は米の生産性より、この風景をこよなく愛していらっしゃるように思いました。

Re: こんにちは

モカさん、こんばんは。
そんな風におっしゃっていただくと、うれしいかぎりです。
棚田の向こうが海、というのもいいのですね。
自分の感動をきちんと表現できるように腕を磨かないと行けませんね。

magureさん、こんにちは。
九州の旅の写真、楽しませてもらいました。
特にこの夕日と棚田と海、素晴らしいロケーションでびっくりしました。
こんな夕日もあるのですね。。
私も夕日撮りはとても好きな風景のひとつ。
奈良の平城宮での夕日を思い出しました。(いろいろありましたからね)
感動のあまり気づくと景色がどんどんかわってしまいますよね。。。
とても素晴らしい瞬間とmagureさんの高揚感が伝わってきました。
次は、美瑛の夕日ですか?

Re: タイトルなし

YOKOの森 さん、こんにちは。
私の旅心を刺激するコメントを二つもいただいて、一気に元気が出てきましたよ。
九州から帰ってきて一週間、何だかふぬけのようになっています。
でも、7月初旬に北海道に行くとすれば、ぼちぼちいろんな予約を入れないと行けません。
今度は北海道の夕陽だ!
ぼちぼちそんな風に盛り上がっていこうと思います。

高橋さんのギャラリーは、美瑛と上富良野の境ですよね。普通の住宅のような感じで、ちょっと入りにくく…。
今度雨の日なんかに行こうかな、と思っています。

さて、次回の北海道へは自分の車を持ち込むのでフェリーということになり、その流れから少し長期間になるのかなと思ったりしています。でも、いくつもの課題を解決しないと行けませんので…。

YOKOの森さんは、美瑛のどこで見る夕陽がお好きですか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1101-8343e3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九州の旅 7 «  | BLOG TOP |  » 九州の旅 5

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1793)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR