topimage

2017-06

歴史の町 伏見 - 2014.05.15 Thu

b-IMG_6244.jpg

坂本龍馬が着流しで今にもふらっと出てきそうなたたずまいです。
江戸時代末期の1866年1月、寺田屋に宿泊していた坂本龍馬は、暗殺・捕縛しようとした伏見奉行の捕り方百数十人に囲まれました。
入浴中だった龍馬の妻お龍はその気配をいち早く気づき、裸のまま二階に駆け上がり龍馬たちに危機を知らせました。
龍馬は拳銃などで防戦し、かろうじて逃げ延びることができた、ということです。(wikipedia)

b-IMG_a0009.jpg

いよいよ来週月曜から九州に出発します。
しばらくの間「南の国へ」という内容になりますのでお楽しみに…。
今回は阪九フェリーを利用します。泉大津港~新門司港までの瀬戸内海航路の船旅になります。

b-IMG_a0003.jpg

泉大津港は我が家からおよそ58㎞、約1時間でいけるとみています。
午後5時半出港、12時間半の船旅です。ですから、夕暮れから夜の瀬戸内海ナイトクルージングも楽しみです。
そして、目が覚めると、もう、そこは九州ということになります。

● COMMENT ●

magureさん、こんにちは。
九州への船旅、もうすぐですね・・のんびり旅もいいですね。
また写真楽しみにしています。お気をつけて行ってきて下さい。
それにしても、この写真、歴史を感じますね!

こんにちは

来週から九州ですか♪
フェリーの旅もまたいいですね(*^^*)
九州はもう暑いでしょうね^^

↓伏見の酒蔵は有名なんですよね。
私は日本酒飲めませんが・・・^^;
酒蔵も寺田屋も歴史を感じる佇まいですね。

古い町並み
酒蔵の壁がなんとも言えませんね。

Re: タイトルなし

YOKOの森 さん、おはようございます。
フェリー利用なので、九州での滞在はそれほど長くありません。
きちんとした計画は立ててなくて、天候次第成り行き任せなのですが、撮りたいところだけはリストアップしています。

Re: こんにちは

モカさん、おはようございます。
フェリーも豪華客船とは比べものにはなりませんが、それなりの気分が味わえます。
京都・奈良といえばこんな雰囲気のところばかりですよね。

Re: タイトルなし

higemajin さん、いつもありがとうございます。
京都・奈良はだいたいこんな雰囲気です。
北海道といえば煉瓦造りの建物があって、エキゾチックな雰囲気ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございました

yamakatsu さん、おはようございます。
ブログ開設おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magure21.blog.fc2.com/tb.php/1086-e88944d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四季彩 «  | BLOG TOP |  » 酒の町 伏見

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1781)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR