FC2ブログ
topimage

2016-06

納沙布岬の夜明け - 2016.06.04 Sat

b1-IMG_3520.jpg

日本の最東端、納沙布岬。(離島を除く)
とにかく納沙布岬の夜明けは早い。今日の日の出は午前3時38分。ちなみに私の住む町では4時43分で、1時間以上の違いがあります。
日の出前に現地についておくためには、午前2時過ぎには起きる必要があります。

b1-IMG_3499.jpg

まだ薄暗い根室を激走。日の出になんとか納沙布岬につくことができました。
夕暮れは風蓮湖、朝日は納沙布岬と欲張るからこんなに忙しくなるのですが、日程の都合でやむを得ません。
初めて来た東の端っこ、納沙布岬。これで北海道海岸線を完全に一周したことになります。

b1-IMG_3527And2more.jpg
1枚目 納沙布岬灯台 稚内にある岬は野寒布岬(のしゃっぷ)です。
2枚目 夜明けのカップルカモメ。朝からいちゃいちゃ。これこれ、おじさんが見てるんだよ!
3枚目 北の風景には廃船が似合います。
4枚目 よくある構図です。この向こうが北方領土。

b1-IMG_3511.jpg

今日は、京都でおこなわれる撮影会のアシスタントででかけます。
明日5日は、なにわ光の会主催の撮影実習が京都であり、連日の京都行き。
6日は大阪での写真展に行きます。



進むべきか、戻るべきか。 - 2016.06.03 Fri

b1-IMG_3458.jpg

写真は撮れなかったけれど、霧多布湿原を散策したりしながら、車を先へと進めました。
風蓮湖湖畔の道の駅 スワン44に到着したときはすでに夕暮れ。日没間近になっていました。
風蓮湖は根室半島の付け根にあり、いよいよ明日の夜明けは納沙布岬だなあ、という気持ちでした。

b1-IMG_3433.jpg

この花びら三枚の見慣れぬ花が湖畔の森一面に咲いていました。名前はオオバナノエンレイソウだそうです。
風蓮湖に落ちる夕陽を撮ろうと、ミラーレス用に持ってきている小型の三脚を探しましたが、見当たりません。
あやめヶ原を散策するときに持って行き、ちょっとした柵の上に置いた記憶があります。そのまま忘れてきたのですね。

風蓮湖

大きな三脚があるので、今後の撮影には困りません。
しかし、これはベルボンのお気に入り三脚。小型なので山にはこれを持って行きます。そのために冷たい金属部分にロードバイク用のハンドルテープを巻いてあります。

取りに戻るとしても、納沙布岬の夜明けを撮ってからになります。戻ったからといって、1日半すぎてそのままあるとは限りません。
しかも日程が押してきて、野付に行くのも省略し、ショートカットで屈斜路湖方面へ行こうかと思っていたところです。
どうする?

b1-IMG_3490.jpg

考えたあげく、三脚はあきらめることにして、日程優先を決断しました。(後日談があるのですが…。)
未練は残りますが、仕方がないのでビールを飲んで、この日も爆睡。

b1-IMG_4623.jpg

昨日、「写真家150人の一坪展」準備で会場に行き、作品を搬入してきました。
富士フイルムフォトサロン大阪 9日まで 


嵐が去って - 2016.06.02 Thu

b1-IMG_3587.jpg

厚岸についたときはすでに嵐になっていました。
注意報が出る強風の中、どこにも行けないので早々に道の駅厚岸グルメパークに到着。
これがまた、海を見下ろす丘の上にあり、見晴らしは良いのだけど、嵐の日には選択間違い?

b1-IMG_3406.jpg

のんびり休養することにして、道の駅の中にある展望フロアーにエレベーターで上がったら、高校生のカップルがいちゃついていて…。
これこれ、おじさんが見てるんだよ!

b1-IMG_3572.jpg

風がどんどん強くなって、車は揺れるのですが、駐車場には5,6台の車が車中泊の態勢に入っているので、なかまがいるなら安心と酒の酔いにまかせ揺れる車で爆睡しました。朝起きると駐車場には私ひとり。
嵐のあとにはシャッターチャンスあり!原生花園あやめヶ原に向かいました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1814)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR