topimage

2015-03

神戸元町 - 2015.03.30 Mon

b-IMG_0233.jpg

昨日は神戸での撮影勉強会でした。夜の中華街がとてもきれいでしたが、カメラのバッテリー切れという凡ミスで撮れませんでした。皆さんお疲れ様でした。
家に帰ると、10時を過ぎていました。

今日は、これから伊丹空港へ撮影にでかけます。

宝箱をぶちまけて。7 - 2015.03.28 Sat

b2-IMG_7181.jpg

さて、作品展の構成もほぼ決まってきました。この延々と続くジャガイモ畑を主役にしようと思います。
脇役はトラクターのいる風景とか、働く人とか、家族とか…。

b2-IMG_1049.jpg

こういった風景も脇役というか、ちょっと雰囲気を盛り上げてくれるかもしれません。
タイトルはちょっと気取って「大地の○○」というのはどうかな、そんな方向で考えてみようと思っています。

明日はインストラクターの勉強会で、神戸に行きます。天気予報は雨マーク。
この前宇治での撮影実習も雨でしたよね、確か…。


宝箱をぶちまけて。6 - 2015.03.26 Thu

b-IMG_9703.jpg

まとめている作品もこれで4,5枚はできてきたように思います。
それにしても、よくこれだけトラクターが写ってるものだと我ながら感心しています。
収穫の時期になると暗いうちから暗くなるまでトラクターの轟音が丘に響いています。

b2-IMG_0811.jpg

後一枚、どんな写真が良いかと思案しています。

b-IMG_0434.jpg

さて、沖縄旅行もあれよあれよという間に本決まり。手配もほぼ終わってしまいました。
本当に行くんだよねえ?

宝箱をぶちまけて。5 - 2015.03.25 Wed

b-IMG_9696.jpg

作品展に出品する作品選びもいよいよストーリーが見えてきた感じです。
5~6点の組写真と考えると、主役になる写真、脇役になる写真というように考えていく必要があります。
主役は、何といっても広大な大地に描かれた美しい畑の風景。脇役は走り回るトラクター、ごま粒のような農夫。

b-IMG_6393.jpg

もっと、人間がリアルに見える写真が必要かな、と思います。
家族、ビートの山に向かう女性、灯りをつけてまでジャガイモの収穫作業を続ける人たち…、ちょっと脇役にしてはインパクトがありすぎ?

b-IMG_1088-1_2_3JPG_fused.jpg

さて、沖縄旅行準備の進行具合です。
日は、4月13日から16日、3泊4日です。飛行機は、行きはジェットスター、帰りがピーチ、これがこの日の最安組み合わせでした。計13320円也。続いて、現地レンタカー4日で8000円で予約済み。宿泊は、到着した日のみ予約、素泊まり2000円也。
あとは、行ってからのことになります。格安レンタカー、素泊まりホテルの予約は楽天トラベルから予約。いつもの旅のパターンです。関空での駐車場は、これから予約します。どう考えても4日間、4500円はかかりそうです。
これで、合計27820円。宿ですが、都合で連泊すると、4000円+、あと食費+ガソリン代+通行料+入場料+雑費(駐車料など)となって、何とか3万円台で収まるかな。

「沖縄3泊4日、レンタカー付き39800円」という感じになりました。いかがでしょう?

宝箱をぶちまけて。4 - 2015.03.23 Mon

b2-IMG_0401.jpg

作品展には5~6点を出品するとして、その中には働いている人の姿が見える写真も1枚は入れておきたいなあ。
大地にへばりつくように働く農家の人たち。

b-IMG_5559.jpg

米粒のように小さいけれど、「すごいぞ!人間。」と言ってみたくなるような写真。

何だかテーマが絞れてきたみたいです。

b-IMG_1007.jpg

さて、4月沖縄へ本気で行こうと思うようになりました。
可能な日を設定して、飛行機の価格を調べると、関空9:20~那覇11:30 ジェットスターを利用すると片道¥5800、ピーチもほとんど変わりません。帰り、那覇15:00~関空16:55 ピーチ¥5590 往復およそ12000円となります。
ここに、座席を指定すると、ピーチなら¥260を+、支払いにクレジットカードを使うと¥330を+、荷物を預けると+、機内食や飲み物も+、となっていきます。
で、私の必要なオプションを含めると、往復合計¥13320 となりました。それでもお安いでしょう。

宝箱をぶちまけて。3 - 2015.03.22 Sun

ap-IMG_2899-01.jpg

十勝岳の火山活動によってつくられた丘が続き、そこに育てられた作物が丘のうねりと、大地の広さによって思わぬ美を創造してくれる。
それは自然の美と人間の活動が産んだ美のコラボレーションだ。

とまあ、テーマについて考えてみました。キャプションができたみたい。

b-IMG_0954.jpg

作品の中には、このようなトラクターが点景となっている作品も、一枚は入れて構成してみたいなあと思います。
爆音を上げて走り回るトラクターを見ていると、見飽きることがありません。

b-IMG_0896.jpg

さて、沖縄へ行くためには、日程、経費の概算を出さないと行けるかどうか…。
日程は、三泊四日ならなんとかなるかな。
経費は、航空券、駐車場、宿泊、レンタカー、+現地行動費(ガソリン、通行料、入場料、食費)となります。
このあたりは、いつもの旅ノートを参照して概算を出します。
最も大きいのは航空券ですが、空港の駐車料金もばかになりません。
関空~沖縄の航空券 ざっと見るとジェットスター、ピーチのLCCを利用すると片道5800円くらいで行けそうです。
なのに、関空の駐車料金は7190円(割引なし、4日間)となります。

続きは次回へ。

宝箱をぶちまけて。2 - 2015.03.21 Sat

b2-IMG_9854.jpg

5月に出品する作品展の写真を考えています。

北海道の風景が美しいのは、山や川などの自然が豊かで美しいというだけでなく、普段見慣れない広さの畑が思わぬ幾何学的な模様を見せてくれたりします。

b-IMG_9701.jpg

2枚の写真は、同じように広い風景の中で農作業用の小屋をアクセントにして、作物が描く模様を中心に撮っています。
こういった、畑の風景美をテーマにしても良いなあ、と思っています。

b-IMG_3146.jpg

突然ですが、沖縄の方のブログを拝見していたら、無性に行ってみたくなりました。
検討中です。
でも、だいたいこういったときの私は、どんなことをしても行ってしまわないとおさまらないだろうなあ、と思います。

宝箱をぶちまけて。 - 2015.03.20 Fri

b-biei2003-0296.jpg
(2003/10)

いきなり秋の写真に驚かれたかもしれません。
保存しているデジカメデータで北海道と名のついた最も古いフォルダーは2003年10月です。
わずか二泊三日の旅。勤め人としては、仕方ない日程ですね。カメラはCanon Eos 10Dでした。データはすべてJPEGで保存されています。
10Dは、20D,30Dと発売され、今は70Dになっているのですから、時代の変化を感じます。
パソコンもレタッチソフトも進化したし、私も多少は進化していると思いますので、もう一度レタッチし直してみました。

b-biei2003-0488-01.jpg
(2003/10)

5月に開催の「写真家150人の一坪展」が会場や自分に与えられたスペースが決まりました。
4月には展示プランを提出しなければなりません。
やはり、私が撮り続けている北海道の写真にしようと思っています。
でも、私のスペースは幅2mですから、多くて6枚までで構成しなければなりません。
たとえ、6枚であっても何らかのテーマを持たせたいと思います。
過去のフォルダーをひっくり返し、試行錯誤をして作品を作り上げていきたいとおもいます。

続・紀伊半島岬めぐり -- 英虞湾の夕陽 - 2015.03.19 Thu

b2-IMG_9933.jpg

この旅の最後、桐垣展望台駐車場で夕陽を撮ることにしました。何年か前にも撮影したことがあり、二度目の挑戦です。
あいにく雲が多かったので、これくらいの写真しか撮れませんでしたが…。
また、そのうちに来ることになると思います。
真っ暗な駐車場で車を止めて宿泊するのは私1人。心細くないのか、と聞かれるのですが、まあ大概は大丈夫です。

b-IMG_9337.jpg

夜明け前、猫の鳴き声があちらこちらで聞こえ、そんなことでは頓着しない私もその数の多さに、目を覚ましてしまいました。
ベッドの中から、小窓のブラインドを上げて、外を見るのですが、暗闇が広がっているばかり。
歳のせいか、一度目を覚ますと二度寝ができません。外に出ると、風は思ったより強く吹いており、空は曇っています。
念のため、三脚だけをセットしておいて、コーヒーでもいれるかと思いながら、ふと後ろを見ると…。
猫ではなく、タヌキが数匹、私をじっと見ています。しばらく、双方固まったままでいましたが、私がカメラを取ろうと動いたところ、タヌキはさほど慌てるふうもなく闇の中に消えていきました。

楽しい出会いは、旅の楽しみでもあります。
1人の老人が車でやってきて、ひとしきり海を眺め、写真を撮る私に話しかけてきました。
楽しい話をたくさんして、後でネットで調べるとこの人は「志摩の鳥人」と呼ばれるひとだということがわかりました。
表現は正しくないのですが、パラグライダーにエンジンのついたパラモーターというのをご存知でしょうか。
この方、松本さんは、鳥のように、写真のような志摩の上空を飛び回っているのです。
多分、この松本さん、79歳だと思います。
興味のある方は「志摩の鳥人」で検索してみて下さい。
また、今回の旅でも勇気と元気を与えてもらいました。

春の海 - 2015.03.18 Wed

b-IMG_1257.jpg

さきしま半島 熊野灘を望む海岸線。
写真に撮ってみると、やはりどことなく春の雰囲気が感じられます。


b2-IMG_9353.jpg

三重県志摩市 桐垣展望台から見る英虞湾
入り組んだリアス式海岸と真珠養殖で知られています。
英虞湾を西向きに望む展望台なので夕陽の写真を撮るには最適の場所です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1793)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR