topimage

2008-02

黄色い春 - 2008.02.29 Fri

天気予報によると今日はどうも暖かい一日になるようです。ところが同時に「杉花粉が一斉に飛び始めます。」という予報もあり、花粉症の私としてはあわててマスクを用意したのです。

昨年2月の写真です。



梅一輪ほどの暖かさ - 2008.02.28 Thu

「三寒四温」とはよく言ったもので、春と冬がせめぎ合っているのがよくわかります。
体がそれについて行ってくれるといいのですが...。



春の気配 - 2008.02.24 Sun

週末にはまた雪がちらつきました。冬と春がせめぎ合っているようです。


下萌え - 2008.02.23 Sat

下萌え(したもえ)は2月の季語です。
残雪や落葉の下から小さな新芽が顔を出す、そんな様子を表しているようです。
つい先日蕗の薹(ふきのとう)を見つけました。小さな花が咲いていました。


春の予感 - 2008.02.21 Thu

久しぶりに暖かくなり、終日青空のさわやかな天気でした。仕事の合間にファインダーを覗いてみました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へよろしければクリックをお願いします。


残り柿-2 - 2008.02.14 Thu

 再び「残り柿」です。今年は我が家の近くでも雪がよく降るように思います。この柿がいつまでも鮮やかな柿色なので雪に似合うのですが、国道端で、車の通行量も多くなかなか思うように撮ることができません。
 渋柿で鳥も食べないのではないかと思います。


朝の斜光 - 2008.02.08 Fri

 明日から三連休ですね。
 私は残念ながら土曜日に仕事が入っているので三連休とはいきません。しかも、天気予報では荒れ模様ということです。
 どうしようかなあ、というところです。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へよろしければクリックをお願いします。


青空と白い雪 - 2008.02.07 Thu

雪景色は、晴れと曇りでは天と地ほどの違いがあります。
この場所へは、曇って、吹雪いていたりしたら、ちょっと行く気にはなりません。車を止めてスノーシューをつけ、雪をかき分けて行かなければならないので、うかうかすると遭難しそうです。
3日のうち最低1日はこんな青空がみたいものです。


白と黒の雪景色 - 2008.02.05 Tue

 曇天の日、唐松林は白い画面を二分して、私たちに空と雪原の区別がつくようにと、どこまでも続いているのです。

b-a-IMG_8803-2.jpg


春近し - 2008.02.04 Mon

きっと雪がとけてしまえば、ごく当たり前の畑が広がっているのでしょう。見渡す限りの雪原に立って初めて、ところどころに立つ木の存在意義がわかるような気がします。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

北の国へ

プロフィール

magure21

Author:magure21

一般社団法人
日本写真講師協会(JPIO)認定
フォトインストラクター

関西在住。北海道のスケールの大きな風景にとりつかれ、足繁く通っている。

プロフィール・作品詳細
http://pixta.jp/@magure21







にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1767)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR